勉強法

【2018年版】行政書士試験に独学で合格するためのテキスト3選

投稿日:2018年2月18日 更新日:

こんにちは。家庭教師のたかゆいです。

2018年度版の基本テキストが出揃ってきたようですので、独学者の方向けのオススメテキストをご紹介します。

いつから勉強を始めるのか、毎日どのくらいの時間が取れるのかなど、一人一人環境は異なりますが、どんな人にも基本テキストは必須です。

そんな試験勉強の中で最重要の基本テキストですが、どうせ使うなら効率的に勉強できるものが良いですよね。

今回は2018年度版のオススメの基本テキストを紹介します。

 

 

基本テキストに必要な要素

基本テキストとは、ズバリ行政書士試験のための教科書です。

行政書士試験で必要な条文や論点、判例を1冊にまとめたものですね。

最初のインプットの時はもちろん、問題を解く中でわからないところがあったら何度も何度も立ち返るものです。

 

そんな基本テキストで重要な要素は、以下の通り。

  1. 合格に必要な知識が網羅されているか(情報量が十分か)
  2. 解説はわかりやすいか
  3. すぐに必要なページに辿り着けるか(目次・索引)
  4. 書き込みができる余白はあるか
  5. 取り扱いのしやすいサイズ感か

余白やサイズ感はどのテキストもさほど変わりはないので、あとは情報量やわかりやすさで選んでいくことになります。

このことを踏まえて、独学者の方にオススメのテキストを紹介していきます。

 

初学者の方へのオススメテキストはこの1冊

今年初めて行政書士試験を受験する

今まで予備校や通信教育の講座を利用したことがない

そんな方へのオススメのテキストはこちら。

 

「行政書士の教科書」の特徴は図表の多さわかりやすく噛み砕いた表現ですね。

行政書士試験は法律の勉強が必須なので、解説はどうしても難しい言葉が多くなってしまうのですが、このテキストでは易しい言葉での解説がメインです。

知識をインプットするためにテキストを読むのに、書いてあることの意味がわからないと勉強をすることも嫌になってしまいますよね。

独学で勉強する場合には、わからないことは全て自分で調べなければいけませんので、理解しやすいテキストというのは本当に重要です。

 

図表に関しては、カラーで可愛らしいイラストが付いていますので、法律の勉強にも親しみやすいと思います。

今年度分からはオマケとしてミニ六法がついてますので、条文の学習にも対応可能。

 

そして、このテキストの最大の特徴は科目ごとにテキストを分割できる!点ですね。この点が本当に画期的です。

行政書士試験の基本テキストは1冊で必要な知識を網羅しなければいけないため、どれも分厚くて重たいです。

持ち運んで勉強するにはつらいサイズだったんですが、この「行政書士の教科書」ならその点も解決です。

ただし、分冊できる分、あやふやな知識だと情報は探しにくいかもしれません。

 

以上の通り、法律に慣れていない初学者の方には本当にオススメのテキストなのですが、

「わかりやすい」に特化しているためか中級者の方向けのテキストと比較すると情報量が足りない部分もあります。

その点は過去問や予想問題でカバーする必要があります。

 

中級者の方へのオススメテキストはこの2冊

すでに行政書士試験の受験をしたことがある

予備校などの講座を受講したことがある

そんな中級者の方へのオススメテキストは2種類あります。

 

合格革命 行政書士基本テキスト

「合格革命」の特徴は、中身がカラーになっていることですね。

条文や図表、側注の部分なども色分けがされているので、パッと見でどこに何が書いてあるのかがわかりやすいです。

重要語句などは赤字になっていますので、赤字部分を意識して勉強していけばポイントをおさえられます。

 

さらに、テーマごとに1問1答式の確認テストが数問ずつ付いています。

インプットの直後のアウトプットは知識を確認するという意味で非常に重要なので、確認テストが付いているテキストは使いやすいですね。

 

出る順 行政書士合格基本書

「出る順」の特徴としては、見開き2ページで一つのテーマが解説されていることです。

見開きの中で解説されているので、探したい情報にすぐにたどり着くことができます。

テーマごとに重要度も記載されていますので、重要なテーマの見分けがすぐつきますし、勉強の区切りがつけやすく非常に使いやすいテキストですね。

 

情報量も十分ありますし、図表や判例が多く掲載されていて、コンパクトに必要な知識がまとまっています。

中身はカラーではなく青字と黒字の2色です。

カラーのテキストは見やすいですが、目に優しいのはこのテキストかと思います。

重要な語句はもちろん青の太字で記載されていますので、ポイントもすぐに把握できます。

 

合格革命と出る順どちらがいいの?

どちらも中級者の方にはオススメできるテキストです。

あえて比較するのであれば、

  • ある程度の文章を読むのが苦ではない人・カラーのテキストがいい人は「合格革命」
  • 勉強時間があまり確保できない人・メリハリをつけて勉強したい人は「出る順」

となります。

 

オススメテキストまとめ

以上、2018年度版のオススメテキスト3選でした。

まとめて紹介しておくと、以下の通りですね。

 

ここでは私が選んだオススメのテキストを紹介していますが、行政書士試験の基本テキストは色々なものが出ています。

あなたが読んでいて苦にならないテキストを選んでくださいね!

 

また、どのテキストを使うにしろ、過去問題集はできるだけ基本テキストと同じシリーズのものを使用するようにしましょう。

過去問の解説から基本テキストへの参考ページが記載されているものが多いので、時間の短縮になります。

それでは、今回はここまで。

たかゆい
ブログランキングに参加しています。

この記事が役に立ったら、応援クリックお願いします。

 

お待たせしました!ネット授業の募集再開しました。

悩んでいるなら家庭教師たかゆいにご相談どうぞ!

合格講座 ネット授業

-勉強法
-,

Copyright© 行政書士試験専門家庭教師の0から合格講座 , 2018 All Rights Reserved.